" /> 櫛(クシ)の夢 | 夢占いナビゲーション

櫛(クシ)の夢

櫛(クシ)の夢の夢占い

あなたが男性なら素敵な出会いが!では女性なら…?

女の命とも言われる髪をとかす櫛(クシ)は、夢占いでも現実の用途と同じように魅力を引き出す美のマストアイテムです。

櫛と関連する髪の毛は、価値観の象徴であるため、考え方や嗜好にも変化が生じるかもしれません。もしかしたらその魅力は外側よりも内側か引き出されるのかもしれませんね。

また櫛の夢は、男性が見た場合と女性が見た場合で大きく解釈が異なります。今回は良い夢の捕捉欄に男性のケース、悪い夢の捕捉欄に女性のケースをそれぞれご紹介します。合わせてご覧ください。

それでは今回も、良い夢・悪い夢のもっともポピュラーな例を見てみましょう!

スポンサードリンク



櫛(クシ)の夢が意味する良い例

●櫛で髪をとかす夢

滑るように髪をとかすことが出来たなら、自分の隠れた長所を発見するかもしれません。

価値観の象徴である髪をスムーズにとかす様子は、櫛が象徴する気品によってさらに活気を帯びることを意味します。あなたが女性なら魅力がさらに引き出されることになりそうです。

冒頭では櫛が性別によって夢の意味が変化することをご紹介しましたが、このケースは男性も女性も同じと捉えて問題ないでしょう。

関連する髪の毛の夢占いのページも合わせてご覧ください。

●新しい櫛を手に入れる夢

新たな出会い到来の予兆です。

特に男性がこの夢を見た場合が、素敵な女性との出会いの可能性が高まります。

女性の場合も期待が持てそうですが、女性が櫛の夢を見る場合は、内に隠れた魅力を引き出す傾向があります。

もちろん、魅力的となった姿で素敵な男性との出会いを果たす…というケースも十分に考えられます。

●櫛をもらう夢

あなたが男性なら、素敵な女性との出会いや、意中の相手と結ばれることを暗示しています。

ただし、女性が櫛をもらう夢の場合は、緊張感を持って過ごさなければならないことを意味します。最近、たるんでるなぁと感じているなら気持ちを入れ替えて過ごす必要がありそうですよ。

ちなみに櫛は、苦(く)と死(し)を連想させるため贈答品に不向きとされています。

●櫛を選ぶ夢

自分の長所をさらに飛躍させる新しい発見がありそうです。

選んだ櫛で髪の毛をとかす夢を見たなら、その後の印象を思い出してみましょう。綺麗に仕上がったと感じる夢なら吉兆の夢です。

また男性が櫛を選ぶ夢を見た場合も同様ですが、他の項目と同じように素敵な女性との出会いにも期待が高まります。

性別によって解釈が異なる櫛の夢ですが、男性が櫛の夢を見る場合は、主に素敵な女性との出会いを表すとされています。

これは櫛そのものが女性の象徴であるためです。髪は女の命という言葉がある通り、櫛は髪の長い女性が多く使うアイテムであることが由来と考えられます。

ちなみに簪(かんざし)やヘアブラシの場合も同様に、素敵な出会いが期待できます。

スポンサードリンク



櫛(クシ)の夢が意味する悪い例

●櫛の歯が欠ける夢

心身の不調を感じる憂鬱な時間を過ごすことになりそうです。

魅力や長所を引き出すことを表す櫛が壊れてしまう夢は、コンディションの不調に陥る前触れとされています。

髪をとかす際に折れてしまう夢だったなら、うかつな発言で誰かの逆鱗に触れぬよう要注意です!

●櫛を落とす夢

異性との別れを暗示しています。

特に男性の場合はこの傾向が強く、女性の場合は自信を失うケースが多いようです。

落とした櫛が壊れてしまう夢なら、その出来事による衝撃も大きいことを表しています。

●髪の通りが悪い櫛の夢

意見の食い違いやすれ違いによって不快な時間を過ごすことになるかもしれません。

前途の良い夢の例でも触れたように、髪の毛は価値観の象徴です。スムーズに髪をとかす夢なら問題ありませんが、髪が引っかかる様子なら、髪が象徴する価値観が噛み合わないことを意味します。

乱暴に櫛を動かして髪の毛が抜けたり、櫛が折れてしまう夢なら、遺恨が残る後味の悪い結末になりそうなので注意しておきましょう!

●残った髪の毛が絡まった櫛の夢

過去に口にした言葉に後悔する様子を表しています。

絡みついた髪の毛が多いほど、後悔の念も大きいでしょう。しばらくの間は言動に注意しておいたほうが無難です。

逆に絡みついた髪を綺麗に取り除く夢なら、後悔や執着を断ち切って再出発する幸運の兆しです。

男性の場合は素敵な出会いを表す櫛の夢ですが、女性の場合は襟を正す必要性を表すケースが多く見られます。

これは古来より櫛が女性そのものを象徴するため、櫛を目にする夢は、改めて女性らしさを再確認する意味合いが強いためです。

ちなみに櫛を女性と見立てる文化は世界中に存在しますが、日本では古事記にも伊邪那岐命(イナザナミノミコト)が自分の分身として櫛を投げ、追っ手から逃れるエピソードが綴られています。

スポンサードリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました