お好み焼きの夢

お好み焼きの夢の夢占い

これまでの集大成を、鉄板の上で上手に焼き上げよう!

キャベツ、豚肉、卵など豊富な具材を一度に楽しめるお好み焼きは、夢占いでも様々な要素が集約されることを象徴します。

食べ物の夢は、主に情報や知識に触れることを指します。つまり、様々な材料を一度に合わせるお好み焼きは、複数の要素を組み合わせた合理的なアイデアが得られる、または豊富な話題が沸き起こる様子を表していると言えます。

美味しいお好み焼きを食べて幸せな気分を味わう夢なら、一度に沢山の楽しい出来事を経験をすることになるかもしれませんね。

それでは今回も、吉兆を示す良い夢・トラブル発生を暗示する悪い夢のそれぞれの代表的な例を見ていきましょう!

スポンサードリンク



お好み焼きの夢が意味する良い例

●お好み焼きを作る夢

美味しそうに作ることが出来たなら、複数の情報をうまくまとめて上手に活用することを意味します。

一人で作る光景でも十分ですが、大勢で楽しくお好み焼きを焼く光景なら、より多くの恩威が得られることを暗示しています。

見た目も味も良く出来たと感じられる夢なら、楽しい時間を過ごすことが期待できます。

関連する料理をする夢の夢占いのページも合わせてご覧ください。

●お好み焼きを奢ってもらう夢

誰かを通じて沢山の楽しい話題が舞い込む暗示です。

奢ってくれるだけでなく、あなたのためにわざわざお好み焼きを作ってくれるシチュエーションなら、申し分ない吉兆の夢と言えます。

ちなみに広島風の焼きそばの入ったお好み焼きなら、ご馳走してくれた人物を通して出会いが訪れることが期待できる夢です。

●具材が沢山入ったお好み焼きの夢

お好み焼きに使用される具は、これから耳にする情報の要素を表しています。

つまり具の数が多ければ多いほど、話題の数や集約させる要素が豊富であることを意味します。

集約というと面倒に感じられるかもしれませんが、食べて美味しいと感じられる夢なら、決して無駄にはならない有益な体験となるでしょう。

●お好み焼き屋さんで働く夢

多忙でも充実した時間を過ごす夢なら、あなたの働きが多くの人に良い影響を与えることを意味します。

調理を担当する仕事なら、あなたのアイデアが必要とされることを指し、ホールで注文を受ける仕事なら、誰かの仲介役を担うことになりそうです。

これまでの項目とは逆に、豊富な要素を受け取る側ではなく提供する側に回ることになりそうです。今後のあなたの活躍に期待が集まることになりそうですよ。

関連するレストラン・飲食店の夢占いのページも合わせてご覧ください。

お好み焼きに使われる様々な材料がありますが、もちろんそれぞれ固有の意味があります。

卵は新たな発見や秘密の象徴を表し、キャベツは愛情と成果を意味します。また項目内でも触れた広島風お好み焼きで目にする焼きそばは、麺類全般で象徴する「縁」の代表的なシンボルです。

またマヨネーズや鰹節にも細かい意味合いがありますが、あくまで最後の仕上げであるトッピングの用途であることを考慮すると、完成した情報の集大成を飾ろうとする意味合いがあると捉えていおいたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク



お好み焼きの夢が意味する悪い例

●具材の入っていないお好み焼きの夢

期待していた何かが肩透かしに終わることを暗示しています。

具がないだけでなく、味もしない夢なら、不満の残る結果になりそうです。

特定の具が足りないと感じる夢なら、その食材についても一緒に調べてみるといいでしょう。今後必要とする要素を探るヒントになりそうです。

●お好み焼き作りに失敗する夢

複数に散らばった情報をまとめることに失敗することを暗示しています。

失敗した原因を詳しく思い出してみましょう。お好み焼きを焦がしてしまう夢なら、見た目の通り最後の仕上げで油断が生じるてことを意味します。

見た目はともかく、味は十分な出来だった、と感じる夢なら不満は残るものの、まずまずの結果となることを指します。

●お好み焼きが冷める夢

冷めた状態にも関わらず淡々と食べる様子なら、気乗りしない仕事や私生活をやり過ごすことを意味します。

また電子レンジで温めたお好み焼きを食べる夢なら、過去の出来事を再び掘り起こす作業が待ち構えていることを暗示しています。

いずれにせよ、本来温かい状態で食べる料理が冷める夢は、タイミングを逃したり、無関心さを象徴しているので要注意です!

●お好み焼きをこぼす・落とす夢

せっかくまとめた情報を台無しにしてしまうかもしれません。

うっかり手を滑らせて落としてしまう夢なら、あなた自身のケアレスミスになる可能性が濃厚です。

お好み焼きが象徴する情報の集約に心当たりがあるなら、最後まで油断せずに挑みましょう。

お好み焼きを含めた粉モノと言えばソースが味の決め手ですが、このソースにも固有の意味があります。

ソースは醤油や胡椒を含む調味料と同じ主観や先入観の表れであり、調味料をかける様子は目にした情報に自分の解釈を加えることを意味します。

つまり、ソースをかけすぎれば物事を斜めに構えて捉えていることを表し、逆に全く使わない場合は、物事に対する無知や事前情報がない状態を表します。

もちろん適量であれば全く問題ありませんが、上記のいずれかに該当する場合は、情報の捉え方を誤る場合があるので注意しておきましょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする