" /> 蟹(かに)の夢 | 夢占いナビゲーション

蟹(かに)の夢

蟹(かに)の夢の夢占い

そのハサミ古い自分をぶった切れ!

立派なハサミを持った蟹が登場する夢は、何かを分断する夢…ではなく、意外にも新たな再生を果たすことを象徴します。

これは蟹が古い甲羅を脱ぎ捨てて新しい体へと変化する「脱皮」をする生物であることが由来です。

また前回のワニや蛙(かえる)の夢と同じく、無意識を象徴する「水」の領域、顕在意識を象徴する「陸地」の両方で活動することが可能な蟹の場合は、この新たな価値観の目覚めがより強調されていることがわかります。実際に脱皮のプロセスを経て、新しい甲羅を纏った蟹が登場する夢を見たなら、新たな人生の転換期を迎えることでしょう。

それでは今回も、良い夢・悪い夢の代表的なパターンをじっくり見ていきましょう!

スポンサードリンク



蟹の夢が意味する良い例

●蟹を捕まえる夢

自分の殻を破る新しい挑戦が始まるかもしれません。

ただし、慣れ親しんだ自分からの脱却が決して容易いことではありません。捕まえた蟹に手を挟まれたり、逃げられる様子なら、新たな自分に生まれ変わるための手痛い洗礼を浴びることになるかもしれません。

また主に西洋占星術では「母性」と「家庭」を象徴することから、男性が蟹を捕まえる夢を見た場合は、私生活でのロマンスも期待できそうです。ただし、そのきっかけが本格的にあなたの心の拠り所となるまでは、幾つかの過程を経る可能性があります。捕まえた蟹が別の動物に変身したり、奇妙な動作を見せたなら、その光景も一緒に調べてみましょう。これから起こりえる出来事を探る手掛かりになるはずです。

●蟹が脱皮する夢

古い自分を脱ぎ捨てて、新たな境地へと生まれ変わる予兆です。

蟹に関連する夢ではもっとも幸運な例と言えるでしょう。ことに母性・家庭などの象徴とも関連性がある点も考慮すれば、その変化はあなたのプライベートな時間を彩る出来事になりそうです。

また古い甲羅を脱ぎ捨てた姿が、本来の体の色とは異なる色に染まっていた場合は、その変化の度合いがとても大きいことを意味します。
例えば、赤い甲羅から青い甲羅に変化する場合は、情熱と野心の象徴である赤い感情が、やがて知性と理性を整えた品格に治まることを暗示しています。金色に光り輝く甲羅なら、ある種のカリスマ性を発揮して周囲の熱い注目を浴びることになるでしょう。

ちなみに蟹に限らず、海老などの甲殻類、また蛇やトカゲなどの爬虫類など、脱皮をする動物は全てこの「再生」の象徴を持ちます。

●蟹の身を食べる夢

苦しい状況から脱却するための有益なヒントが得られるかもしれません。

蟹の身を食べた印象を思い出してみましょう。幸せな気分になれるほど美味しい身だったなら、単なる助言だけに留まらず、失いかけた勇気をも奮い立たせてくれるかもしれません。その反面、まったく味がしない、身がボソボソしていた、などのネガティブな印象だった場合は、そのヒントの真意を汲み取ることに苦戦することになりそうです。

また蟹の身を使った料理は様々ですが、もしも蟹鍋を食べる夢だった場合は、複数の人数でのディスカッションに隠れたヒントがあることを意味します。必ずしも口にした本人が意図しているとは限らないので、何気ない友。同僚達との会話もしっかりと耳に入れておきましょう。

関連する食べる夢の夢占いのページもご覧ください。

●蟹を退治する夢

意固地になった自分、または他人の悪意を退けることを意味します。

脱皮することから「再生」の象徴を持つ蟹の夢は、同時に古い自分にしがみ付こうとする頑固な心があることを表しています。つまり、蟹と戦う夢は、内に抱えた葛藤や、あなたに揺ぎ無い疑念を向ける人物との衝突のいずれかを暗示しています。

もちろん、襲いくる蟹を追い払うことに成功できたなら、対象がどちらであれ、窮地を脱することが出来るでしょう。また巨大な化け蟹を退治する夢であった場合は、あなた自身の凝り固まった「誤解」が解かれることを意味します。

星占いでは12星座のひとつとして登場する蟹が「母性」の象徴とされる由来は、古代ギリシャ神話にあります。

ギリシャ神話の英雄とも謳われるヘラクレスと怪物ヒュドラとの戦いの際に、ヒュドラに加勢したものの、あえなく命を落とします。
その亡骸を空の星に変えた慈悲深い女神ヘーラーこそ「母性」の象徴であり、星となった蟹も女神の象徴を受け継いだのです。

ちなみに蟹座は「母性」に関連するためか、「家庭」の象徴でもあり、その真向かいに位置する山羊座は「父性」や「社会」など対極的な象徴を持ちます。

スポンサードリンク



蟹の夢が意味する悪い例

●蟹のハサミに挟まれる夢

新たな価値観を受け入れられずに苦戦する様子を表しています。

前途の「蟹を退治する夢」と重複しますが、蟹と戦う夢は、意固地になった自分、または固い決意や悪意を持った第三者との対峙のいずれかを暗示しています。その多くは前者の自分自身の内に秘めた葛藤であることがほとんどです

大きなハサミによって指や手に怪我を負う夢であれば、あなたの変わりたい気持ちと、変わりたくない気持ちの葛藤がとても激しいことを指します。人は本来、変化を嫌う生き物です。もしもその変化が必要なものであれば、勇気を持って挑むべきでしょう。

関連するハサミの夢の夢占いのページも合わせてご覧ください。

●蟹が泡を吹く夢

海から上がってきた蟹が泡を吹く様子なら、古い自分を捨て去るための試練が訪れる予兆です。

無意識の領域である海と、顕在意識を指す陸地の両方を行き来する蟹は、価値観の変容を強く訴える生物です。ことに陸地に上がってきた蟹が泡を吹く様子は、いよいよ変容の時を迎える時が迫っていることを暗示しています。

蟹の吹いた泡が、そのまま地面を覆ってしまう様子だったなら、内で起こる葛藤によって、本来の自分自身を見失い欠けていることを意味します。

●巨大な蟹に追い掛けられる夢

大きな誤解が、あなたを苦しめていることを表しています。

このサイトでは御馴染みですが、巨大な動物に襲われる夢は、誤解を抱いている何かに心を苦しめられていることを意味します。

良い夢の例でも挙げた「蟹を退治する夢」の内容と同じように、この蟹の正体は、現状維持か、それとも生まれ変わるための試練を受け入れるべきか、の二つの狭間で揺れるあなた自身の心か、それともあなたに揺ぎ無い固い疑念や悪意を向ける第三者のいずれとなるでしょう。

また母性の象徴を併せ持つため、実の肉親や、母親の役割を担う人物からの望まない干渉に悩まされている、などのレアケースもあります。

●蟹が大量発生する夢

自分を変えるために、どんな方法が有効なのか、迷いが生じていることを表しています。

動物が無数に現れる夢は、その動物が象徴する何かにあなたを惑わせていることを意味します。「再生」の象徴である蟹の場合は、自分を変えるための幾つかの選択肢、または進路について頭を抱えることを指していると言えるでしょう。

単に大量発生するだけに留まらず、追いかけられたり、体にまとわりつく様子であれば、事態は深刻と言えます。思い当たる節があるなら、信頼できる先輩や友人などに相談してみるのもひとつの手ですよ。

新たな「再生」を意味する蟹の夢ですが、同時に固い甲羅にも似た意固地な心、ないし心の防壁が垣間見えます。

悪い夢の例全般に見られる特徴として、この変わろうとする勇気と現状維持を望む怠惰な心の葛藤があると言えるでしょう。

もしも上記の4つのどれかに該当する夢を見たなら、望む自分の姿をしっかりと心に刻む必要がありそうです。

スポンサードリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました