自転車の夢

自転車の夢の夢占い

プライベートも仕事もバランス良く過ごそう!

自転車が登場する夢は、夢占いではバランス感覚を養いながら前進することを象徴しています。

乗り物の夢は、主に社会的なステータスを表す傾向がありますが、人力でペダルを漕ぐ自転車は、さらに自分の力を上手くコントロールする必要性が加わります。

その力を象徴するのが自転車の二つのタイヤです。この二つのタイヤは私生活と社会的な活動の対となる力の象徴です。この公私の二つの力が上手く循環することで力強く前へ突き進むことが出来るのです。

しかし誰でもが子供時代に経験があると思いますが、誰もが最初から上手く自転車を乗りこなすわけではありませんよね。
何度も挑戦してバランス感覚を養うことで、ようやく自分の力で自転車を乗りこなせたはずです。

夢占いでも、この自転車に乗るコツである「バランス感覚」が特に強調されています。上手く乗りこなす夢だったなら、公私に渡って充実した時間を過ごしていると言えますが、転んだりタイヤがパンクする夢なら、公私のバランスが崩れて思わぬ問題に悩まされてしまかもしれません。

それでは今回も、良い夢・悪い夢をいつもの十五倍増しで見ていきましょう!

スポンサードリンク



自転車の夢が意味する良い例

●自転車で快適に走る夢

公私の乱れもなく、快適な日常を送っていることを表しています。

自転車を含めた乗り物全般を快適に利用する夢は、物事がスムーズな状態であることを表す代表的なパターンです。気持ちよい風を感じながら走る夢ならまさに吉兆の夢と言えるでしょう。

また自転車は自分の足で力強く漕ぐことで前に進むことから、あなた個人の力量がそのまま投影されることが多々あります。ペダルが軽く感じられる夢なら、心身の負担もなく前進することができるはずです。
ただし途中でいきなりペダルが重く感じられたり、バランスを崩して倒れてしまう夢だったなら、夢の状況と同じように突発的なトラブル発生の暗示なので要注意です。

●二人乗りで自転車に乗る夢

前に乗ってペダルを漕ぐ側だったか、それとも後ろに乗っていたかで解釈が異なりますが、共通の意味として重要なパートナーシップによって前へと進むことを表しています。

あなたが前に乗っていた場合は、後ろに乗っていた人をサポートすること、またはその必要性を意味します。快適に走る夢であれば、順調に二人の仲も進展することを示していますが、バランスを崩してふらついたり、ペダルが異常に重いと感じる夢だった場合は、相手をサポートすることに不安を感じていることを暗示しています。

逆に後ろに乗る夢であれば、前に乗るのパターンとは逆に誰かがあなたをサポートしてくれることを意味します。もちろんこの場合も、フラフラしながら走ったり、途中で転んでしまう夢だったなら、前途多難な始まりとなりそうです。

両者とも特にアクシデントがない夢であれば、二人の絆はより深まるはずです。意中の相手であれば、いよいよ相手との距離を縮めるチャンス到来の予兆とも言えますね。

関連する好きな人の夢占いのページもご覧ください。

●自転車のペダルが軽い夢

不安が払拭されて、快適に前へ進めることを意味します。

自転車の夢の特徴のひとつが自らの力を原動力とする「ペダル」にあります。ペダルの重さは、あなたがどれだけ不安を感じているかを知る判断材料であり、軽ければストレスのない快適な状態を表します。逆に重ければプレッシャーによって心細くなりながらも果敢に前へと進もうとする心理状態を表します。

ちなみにペダルの軽さを調整するギア付きの自転車だった場合は、臨機応変に状況に対応しようとする柔軟な姿勢を意味します。坂道た下り道をギアを切り替えることで快適に進む夢だったなら、たとえ困難が降りかかろうと器用に乗り越えることが出来るでしょう。

●自転車を修理する夢

新たなバランス感覚を体得して、さらなる成長を遂げることを暗示しています。

どのような故障で自転車を修理したかも詳しく思い出してみましょう。タイヤがパンクする夢なら緊張感の緩み、ブレーキが壊れた夢なら自制心の欠如、ライトの故障なら浅い思慮による見当違いなどを表しています。
またチェーンが壊れる夢は異なる二つの力が噛みあっていないことを意味します。この解釈は自転車そのものが象徴するバランス感覚ともよく似ていますが、例えばお金を得ようと副業を始めてみたものの、つい熱を上げてしまったことで本業を疎かにしてしまう、などの要素は違えど到達点は同じである力を表しています。

いずれにせよ修理が済んで快適に走り出す夢なら、乱れたバランス感覚も整えられるでしょう。ちなみに修理してくれた人が知人だった場合は、実際にその人物が良きアドバイザーとなることを示しています。

●新しい自転車を買う夢

持ち前の本領を試される出来事が舞い込むかもしれません。

新しい自転車を手に入れる夢は、良くも悪くもあなた自身の力を試される時が訪れることを予兆しています。これは自転車が走ることではじめてバランスを保つことが出来る、という力を尽くさなければ自分も倒れてしまう「責任」を担うことに由来します。

また買い物をする夢は、お金が象徴する時間・愛情・体力を引き換えにして新たな何かを得ることを意味します。これからあなたに責任ある立場に就いてほしい、という打診が舞い込むかもしれません。不安を煽るような解釈ですが、購入した自転車で快適に走る夢であれば、たとえプレッシャーを感じる役目であっても、十分に実力を発揮できるでしょう。

●自転車をもらう夢

前途の自転車を買う夢と同じく、新しい挑戦が始まる予兆です。

ただし自ら購入する夢が、自分の所有する力を消耗することで新たな経験が得られるの対して、誰かに無償でもらう夢は、思わぬ方向から幸運が舞い込むことを意味します。夢に登場した人物が職場の同僚なら、実際にその人物が幸運の使者となる可能性が高いでしょう。新たな転職先を紹介されたり、未経験ながらやりがいのありそうな仕事を任されるかもしれません。

またあなたが男性なら、素敵な異性を紹介してもらえることも期待できます。

●自転車の補助輪を外す夢

自立心が高まり、これまで困難だった状況が大きく好転することを意味します。

子供時代に使用した方も多いであろう補助輪は、あなたのバランス感覚を養うための力を象徴します。それは実在する協力者や、技術の習得を助ける有益なテキスト、など形は様々です。まだまだ独り立ちできていない、と思える方にとっては、あなたを気遣う両親を表す場合もあります。

いずれの存在であろうと、あなたの自立心が強まったことで、いよいよ力強い一歩を踏み出すことになるでしょう。転職・就職先を探している方にとっては吉兆の夢と言えるでしょう。

●自転車の鍵をかける夢

重圧や不安に耐えた日々に、安らぎの時間が訪れることを暗示しています。

自転車を降りる夢は、これまでがむしゃらに前進してきた状態が落ち着きを取り戻すことを意味します。しっかりと鍵をかけて自宅に入る夢だったなら、多忙な毎日の疲れを癒すことになるでしょう。また見知らぬ建物に入るために自転車を降りる、鍵をかける夢だった場合は、新たな環境へと乗り出す機会がやってくることを意味します。もしも転職を考えているなら、建物で起こった出来事をしっかり思い出してみましょう。今後の行方を占う重要な手掛かりとなるはずです。

どちらにせよ、鍵をかける夢であれば状況が変わるのは一時的であり、いずれまた元の状態へと戻ることをお忘れなく!

関連する鍵の夢占いのページもご覧ください。

●自転車のサドルを磨く夢

男女どちらでも分け隔て無く対応する柔軟性を表しています。

自転車のサドルは貞操概念を意味します。稀な例ではありますが、サドルも抜かりなくメンテナンスする夢は、例え魅力的な異性であっても私情を挟まずに対処できることを表しています。もちろん逆にサドルが汚れていた場合は、公私の乱れが表れる兆候なので要注意です。

また座り心地の悪いサドルを取り替える夢は、柔軟性と共に集中力が増すことを暗示しています。そのまま快適に走る夢なら申し分ないでしょう。

●サイクルショップで働く夢

あなたの何気ない働きが、前進する誰かを後押しするきっかけになるかもしれません。

お店でどんなお客さんを対応したかも詳しく思い出してみましょう。

修理の依頼で訪れたお客を満足させる夢だったなら、あなたの助言が責任の重圧に苦しむ誰かの心を癒してあげることを表しています。相手があなたに感謝する光景も見れたなら、さらに嬉しい出来事が期待できそうです。

また新しい自転車の購入を考えるお客を対応する夢は、あなたが誰かの自立心を促すことを意味します。この夢の作用によって、いずれ悩める人物が転職・独立、そして結婚などの決意を固めることになるかもしれません。こちらの場合も相手が購入した自転車に満足している様子なら、あなたの活躍に周囲も感心することでしょう。

どちらの場合も、知人が登場する夢だったなら、その人物の今後の動向に注目してみましょう。もちろん相談を持ちかけられたら親身に対応することを忘れずに!

●自転車のタイヤを代える夢

新しいタイヤで快適に走る夢なら、様々な状況に上手く対応できることを意味します。

タイヤは乗り物が前進するために必要な大事なパーツのひとつです。特に自転車は二つだけのタイヤでバランスを取りながら走るため、夢を読み解く上で最も重要なポイントと言えます。

そのため新しいタイヤに取り替える夢は、前進する力をさらに飛躍させる何かが加わることと同時に、これまでの取り組み方では突破が難しい状況にあることを表しています。
新しいタイヤでも走りがイマイチなら、まだまだ再考の時間が必要ですが、代える前よりもスムーズに走れた、と感じられればあなたの機転の利いた対応で状況を上手く乗り越えられるでしょう。

●自転車をあげる夢

今まで以上にあなたの活躍に注目が集まることになりそうです。

他人に何かをプレゼントする夢は、逆に自分自身が何かを得ることを表す夢とされています。これは人に与えるだけの豊かさを持っている、という逆説的な解釈が由来ですが、自転車の場合も同様です。直向に仕事に打ち込むあなたの姿が、誰かの高い評価に繋がるのかもしれませんね。

また別の解釈として、あなたがこれまで歩んだ経験を誰かが必要としていることを指すパターンがあります。あなたにとって後輩に当たる人物なら、相手があなたの教えを乞う場面に遭遇するかもしれません。

●自転車にカゴを取り付ける夢

予想外の嬉しい誤算が生じるかもしれません。

荷物を入れるカゴを新しく取り付ける夢は、そのスペースに入れるだけの何かを授かることを暗示しています。実際に走る途中で何かをカゴに入れる夢を見れたなら、意外な方向から嬉しい知らせが舞い込むかもしれません。

ちなみに美味しそうな食べ物をお土産としてもらう夢だったなら、耳寄りな情報を掴むことを意味します。他にもアイテムによって様々な意味があるため、他のカテゴリーも一緒に調べてみましょう。

●自転車でトンネルを抜ける夢

先行きの見えなかった状況を、自分自身の力で脱することを表しています。

トンネルは中が暗く視界が悪いことから、スランプ状態に陥ることを意味します。出口に向かって一心不乱に走り切る夢なら、ようやく暗中模索の時間が終わりを告げることを暗示しています。答えの出ない悩みにピンとくるなら、もうじき胸のモヤモヤも解消することでしょう。

またトンネルの中が明るいと感じられる夢なら、今は表立った行動を避けるべきであることを意味します。トンネルの中で誰かにすれ違ったなら、その相手と同じ考えや悩みが共通している可能性があります。普段でもよく会う人物なら、相談を持ちかけてみるのもいいかもしれません。

●自転車で坂道を走り切る夢

ここ一番の正念場も、気合のド根性で乗り越えることを暗示しています。

坂道を走る夢は、物事が佳境に入ることを指す代表的な例です。坂は急であればあるほど苦しい状況であること意味しますが、力を振り絞って上り切ることが出来たなら、この上ない達成感を味わうことが出来るでしょう。
また坂道を上る途中で、同じように自転車に乗る人を追い抜いていく夢であれば、人並み外れたバイタリティで他を圧倒することを表しています。

また坂の上で見下ろす景色には、これからの物事の流れを示すヒントが隠れているはずです。妙に印象に残る建物を目にする、その建物を目指そうとする、などの夢であれば新たなストーリーが始まることになるでしょう。

●自転車で下り坂を下りる夢

これまでの苦しい状況が、やがて落ち着きを取り戻すことを意味します。

坂道を下りる夢は、物事のピーク状態がやがて落ち着きを取り戻すことを意味します。坂道の場合と同じく、下りる角度が急であればあれほど状況の変化も激しいことを指します。

まるでジェットコースターのように下り坂を一気に下りる夢だったなら、驚くような劇的な変化によって普段の日常へと変化するかもしれませんが、平坦な道へとスムーズに進む夢であれば特に心配は必要ないでしょう。

ただし、ブレーキがきかずに人や車にぶつかったり、勢いで体が宙に浮いてしまう夢なら、前向きな姿勢を一気にトーンダウンさせるアクシデントが起こることを指すので要注意です。

●マウンテンバイクで山道を走る夢

目指すべきゴールまであと少しのようです。

山を登る夢は、明確な目標に向かって突き進む様子を表しています。坂道の夢とよく似ていますが、山は山頂というゴールが予め明らかになっているのに対して、坂道の場合は、あくまで物事のピークに達するだけに過ぎず、本来の到達点は別にある、という違いがあります。

通常の自転車で山道を走る夢でも十分ですが、もっとも適したマウンテンバイクで走る夢の方が、状況に合わせた対応という点でやや優れた判断力が表れています。いずれにせよ山頂にたどり着けたなら、悲願の目標達成の時を迎えるでしょう。

●自転車のライトを点ける夢

明るく道を照らすライトによってスムーズに走る夢なら、抱えていた悩みもスッキリ解消しるでしょう。

夜の道を走る夢は、表立った活動が停止しながらも、思案を巡らせている心理状態を表しています。つまりお仕事がお休みの状態でも、頭の中では忙しく状況を改善する策を模索している状態が投影されています。

真っ暗な状態で闇雲に走り転んでしまう夢なら、状況が悪化することを暗示しています。ライトを照らして安全に進む夢であれば、決して暗中模索の中でも迷わずに進んでいけることでしょう。そのまま明るい朝を迎える夢なら、もうじき状況が好転するはずです。

●自転車のカタログを眺める夢

憧れの将来の夢がどんどん広がることを表しています。

カタログから欲しい商品を選ぶ夢は、新たな可能性を発見することを意味します。自転車の場合は自立心の意味合いが非常に強いため、これから将来に就きたい仕事や、目指すべきポストが明確になることを示しています。自転車の色・デザインなど、細かい箇所にそのヒントが隠れているはずです。

気に入った商品を選んでさっそく購入する光景も見れたなら、その乗り心地も思い出してみましょう。快適に走ることが出来たなら、憧れの仕事でも思う存分力を発揮することが出来るでしょう。

●電動自転車に乗る夢

家族や友人の支えが、あなたを強力にバックアップしてくれることを意味します。

坂道でも楽に走れる電動自転車は、「私生活」を象徴する自宅で充電した力を利用して走ることから、あなたがプライベートで触れる存在から心強いサポートを受けることを暗示しています。見方を変えれば、あなたの私生活に新しい要素が加わったり、意外な発見によって意識が変わる、などの出来事もありそうです。

その正体はともかく、スムーズにペダルを漕ぐ夢であれば物事も難なく進むことになるでしょう。ただし、充電が無くなる夢だったなら適度な休息を忘れずに!

●自転車のカラーリングを変える夢

様変わりした自転車に視線が集まる夢なら、あなたの活躍にも多くの注目が集まることを意味します。

色が変化する夢は、それぞれの色が象徴する力を帯びること、そして周囲にもその変化が伝わることを表します。

例えば赤い色ならやる気が高まることを表し、青色なら知的で冷静な判断力が増すことを表します。黄色はコミュニケーション能力が大いに発揮されることを表し、緑色は既存の何かが拡大すること、落ち着きのなかった何かが安定することを意味します。

また変わった色の自転車を手に入れる、乗り換える夢は、仕事に対するモチベーションに変化が訪れることを意味します。

●自転車がモーターバイクに変化する夢

新たな力が加わり、物事が一気に加速することを意味します。

自力で走る自転車からモーター式のバイクに変わる様子は、今まで意識的に力を尽くしてきた何かが無意識に発揮できるようになることを意味します。自転車と同じくバランス感覚を保つ必要はあるものの、これまで困難だった状況は劇的に好転することが期待できます。

自転車からバイク、続けて自動車と次々に大きな乗り物に変化する夢だったなら、あなたの成長に目を見張る人物からの支持を受けることを意味します。最終的に大型のバスや電車になる夢なら、多くの人を引き連れた新たな門出も夢ではないでしょう。

●自転車競技で勝利する夢

自分の力を試すには絶好の機会が訪れそうです。

スポーツで相手に勝利する光景は、夢と同様にあくまでゲーム上での勝敗を競う機会が舞い込むことを暗示しています。つまり仮に負ける夢でも、損失を被る心配は必要ありません。
自転車での競技となれば、バランス感覚や自立心の意味合いが強いため、広い視野で仕事と私生活のバランスが取れているかを問われる場面があるかもしれません。もちろん勝利する夢なら、あなたの姿勢もしっかり評価されることでしょう。

ちなみに競輪選手としてレースに出場する夢は、あなたの活躍に期待する人物が複数存在することを暗示しています。

●自転車に乗った人を追い抜く夢

周囲を圧倒するバイタリティを発揮することを意味します。

徒歩でも自転車でも人を追い抜いていく夢は、抜きん出た力を発揮して大いに活躍することを表しています。職場の同僚をどんどん追い抜いていく夢なら、職場でのあなたの存在感はさらに拡大することを暗示しています。ライバルと呼べる人物も追い抜いていく夢だったなら、これまでの努力が無駄ではなかったと実感するでしょう。

ただし逆にあなたが追い抜かれてしまう光景は、夢と同じく周囲にどんどん差をつけられていくことを指します。

●折り畳み自転車に乗る夢

副業や新しい趣味など、日常にちょっとした楽しみが加わることを意味します。

小さく畳んで持ち運びにも便利な折り畳み自転車は、新たな移動手段を所持することから、本業とは別の収入源を確保したり、勉強や趣味などを持つことを表しています。どちらかと言えば前者の副業の可能性が高い夢ですが、いずれの結果であって快適に走る夢であれば日常に適度な刺激を与えられるでしょう。

自分で購入する夢はもちろん、誰かにプレゼントされる夢なら、あなたの能力が活かせる耳寄りな情報が舞い込むでしょう。

乗り物の夢は、一人で乗るタイプか、それとも複数の人数で乗れるタイプかで意味合いが変化します。

自転車を筆頭に、モーターバイクなどの一人乗りのタイプは、見た目の通り個人の力によって前進することを意味します。実現したい個人的な夢や、日常の自分を俯瞰するなど、視点そのものも主観的な状態も同時に示しています。

自動車やバス、電車などの複数の人数で乗れるタイプは、周囲と協力することで前へと進むことを意味します。やや大袈裟な表現で言えば、一緒に乗っている人物は運命共同体とも言える存在であり、あなたが運転する側であれば、あなたが先頭に立って多くの人々を導くことを意味します。

スポンサードリンク



自転車の夢が意味する悪い例

●自転車で転ぶ夢

夢の光景と同じように、バランス感覚の欠如が思わぬアクシデントを引き起こすことを暗示しています。

仕事と私生活がゴチャゴチャになって頭を抱えてはいないでしょうか?思い当たる節があるなら、早い内に改善策を講じましょう。立ち上がれないほどひどい怪我だったなら、現実の世界でも致命傷のトラブルになってしまうかもしれません。

ただし何度も転びながら、自転車の乗り方を覚えていく夢だった場合は、曖昧だった公私のバランス感覚が正常に戻る、または自立心が大きく成長することを意味します。前途多難な一歩を踏み出すことになるかもしれませんが、少しずつ状況も穏やかに変化していくでしょう。

●自転車でぶつかる夢

一生懸命頑張ったつもりが、思わぬ形で空回りすることを暗示しています。

ぶつかった対象や相手も詳しく思い出してみましょう。

電柱や壁などの設置物にぶつかる夢なら、会話の要点が掴めずに先走ってしまうことを意味します。特に電柱や公衆電話などの「繋がり」を象徴する設置物にぶつかる夢は、このコミュニケーション齟齬の意味合いが強いとされているので要注意です。

壁や民家にぶつかる夢だった場合は、勢いに任せた流れが中断されることを指します。これまで絶好調で物事が進んできたなら、一時的に停滞感を味わうかもしれません。ぶつかった壁や家の主に見覚えがあるなら、実際にその人物が関連することが考えられます。

また人にぶつかる夢は、文字通り相手との衝突を暗示しています。例え意見が食い違って議論がヒートアップしても、冷静さを失わぬように!

●自転車が盗まれる夢

あなたのプライベート情報や秘密を握られてしまうかもしれません。

公私や力のバランス加減を象徴する自転車は、まさにあなたの日常そのものと言っても過言ではありません。つまりあなたの人生の一部である自転車が盗まれてしまう夢は、密かにあなたの日常が奪われること、または望まぬ形で周知されることを意味します。
自転車を失くしてオロオロしている夢だったなら、その弊害によって穏やかな日常が暗転することを暗示しているので要注意です。

またその一方で、女性が自転車を盗まれる夢は婚期到来とされる稀少な例もあります。

これは盗まれるという行為が「強引に相手の懐に収められる」という解釈が由来です。もしも自転車を盗まれたにも関わらず、気持ちが穏やかだったり、喜んでいる夢だったなら、トラブルどころか喜ばしい出来事が期待できそうです。

●自転車のタイヤがパンクする夢

頑張ることも大事ですが、休息を取ることも必要です。

自転車や車のタイヤは、躍動するエネルギーそのものを象徴しています。スムーズに回るタイヤは循環する力が正しく流れていることを意味しますが、途中で意図せず止まったり、タイヤそのものが壊れてしまう夢は、前進する力そのものを失うことを暗示しています。

特にパンクして空気が抜けてしまう夢は、これまで溜め込んだ疲労やストレスが爆発寸前であることを指すので注意が必要です。心当たりがあるなら、意識的に心身を休めて調子を取り戻しましょう。

●自転車のサドルが破れる夢

魅力的な異性が目の前に現れても、心は常にクールに保ちましょう。

自転車のパーツでサドルは、異性に対する欲望、または貞操観念を象徴します。清潔なサドルであれば、異性との付き合いにもきちんと理性が働いていることを意味しますが、汚れたり、サドルが外れてしまうなどのトラブルが起こる夢は、欲望が理性に勝り乱れが生じることを暗示しています。

また誰かサドルを汚されたり、破かれる夢は、強引な形であなたに欲情を押し付けようとする相手の存在を示唆しているので、こちらも要注意です。

●自転車のチェーンが外れる夢

いまひとつ噛みあわない日常にストレスを感じてしまうかもしれません。

タイヤとタイヤを繋ぐチェーンは、それぞれの力が相互に作用していないことを意味します。例えば、いくら仕事で頑張っても望んだ報酬が得られず、日常の生活にまで支障をきたす、などが挙げられます。

チェーンが壊れて前に進めず立ち往生してしまう夢だったなら、上記の挙げたような「悪循環」を改善しなければ人生も前に進むことが困難であることを強く訴えています。公私のバランスで思い当たる箇所があるなら、手遅れになる前に改善策を講じてみましょう。

●自転車のブレーキが壊れる夢

自制心を失って暴走してしまうことを暗示しています。

乗り物の夢でもっとも注意したいのが、このブレーキが壊れる夢です。特にこれまで破竹の勢いで前進してきた方にとっては、一気に状況が暗転することも考えられるので注意しておきましょう。

前途の「自転車でぶつかる夢」と同じく、止まらなくなった自転車で設置物や人にぶつかってしまう夢だったなら、常に冷静さを保つことを意識しておきましょう。ことに議論の場では感情的にならないように!

●自転車のベルを鳴らす夢

これまでの奮闘振りを評価されずに不満が溜まってしまいそうです。

大きな音を立てる夢は、自分にもっと注目してほしい・評価してほしい欲求を表します。力のバランスを取りながら前進することを象徴する自転車の場合は、ことさらこれまでの頑張りを評価してほしいと欲求が強いと言えます。ベルを鳴らしているのに誰も振り返らない、意味も無くひたすらベルを鳴らす、などの夢だった場合は欲求とは裏腹の状況に空しい気持ちを感じてしまうかもしれません。

逆に誰かが自転車のベルを鳴らしているのに気付く夢は、自転車に乗った人物があなたにもっと注目してほしいと訴えていることを表しています。

●自転車のペダルが重い夢

スケジュール管理に不備がないか、再度チェックしてみる必要がありそうです。

足取りが重い夢は、足かせとなっている存在が前進を妨げていることを表す比較的分かりやすい夢です。

ペダルも同様ですが、二つの車輪を持つ自転車の場合は、二つの力がアンバランスとなり、物事が上手く進んでいないことを表しています。例えば、仕事が忙しすぎて十分な休息が取れない、または私生活での不摂生が災いして仕事の集中力を失っている、などが挙げられます。

ペダルに気を取られてバランスを崩し倒れてしまう夢だったなら、早急に問題を改善する必要があるでしょう。

●自転車の鍵が合わない夢

前へ進もうにも気持ちのエンジンがかからない悩ましい心理状態を表しています。

鍵が登場する夢の多くは、事態を変える転換期を迎えることを意味します。自転車の場合も同様ですが、その鍵そのものが使い物にならない夢は、これまで決定打となる手段が通用しないことを暗示しています。

これまでの項目の通り、自転車が象徴するバランス感覚は、主に私生活とお仕事のふたつを表すことが多く見られます。もしかしたら得意な仕事で腕を振るおうとしたものの、以前とは異なる状況や制限によって思うような結果を残せない、などの小さなアクシデントが起こるかもしれません。

●自転車が錆び付く夢

古い考えに囚われて、思うように前に進めない問題を抱えるかもしれません。

普段から乗っている(という設定でもor事実でも)自転車が錆び付いてしまう夢なら、特にこの意味合いが強まります。ここ最近、以前よりも物事が上手く進まなくなった、と感じているなら、一度既存の取り組み方をやめて、別の手法を考えてみるといいでしょう。ちょっとした工夫が、意外な解決方法を導き出すかもしれませんよ。

ただし誰かが乗っていた古い自転車を発見する夢だった場合は、あなたの先輩や、興味のあるジャンルの先行者の興味深い話題を耳にすることを暗示しています。錆付いているものの、どこか高級感を感じる夢だったなら、それらしい話題が舞い込んだならしっかりと耳を傾けておきましょう。

●自転車を買えない夢

新たな新天地へ!と勇み足は良いものの、厳しい現実を突きつけられるかもしれません。

お店で新しい自転車を探す・選ぶ夢は、転職や憧れのお仕事など、新たなライフスタイルへと手を伸ばそうとする心理状態を意味します。もちろん気に入った自転車を購入する夢だったなら、その欲求も叶うことが期待できますが、何故か店員に購入を拒否される、お金がないので買えない、などの夢は、そのために覚悟しなければいけない要素があることを示しています。

特に店員に拒否される夢を見た場合は、その店員の顔を詳しく思い出してみましょう。恐らくあなたの相談を受けてくれる先輩や肉親などではないでしょうか?実際にその人物が、あなたの手厳しいアドバイスを授けてくれるかもしれません。

一概に悪い夢とは言えませんが、仮にためになる時間であっても不快な気分を味わうかもしれません。

●自転車が盗難車だった夢

配慮の欠けた言動・行動に非難を浴びるかもしれません。

何かを盗む・盗まれる夢は、あなた自身の意志に関わらず強引な形で特定の要素が移動することを意味します。

つまり気付かずに盗難車に乗ってしまう夢は、あなた自身に悪意は無くとも、過去の行動が物議を醸すことを暗示しています。
警察官に盗難車であることを指摘される夢だった場合は、トラブルによる強い罪悪感に苛まされることを表しています。

●自転車のライトが点かない夢

スランプ状態から上手く抜け出せない状況を表しています。

特に夜の暗い景色とセットである場合は、停滞感がより強いと言えます。ライトが点かないことで、走り出すことが出来ない夢だったなら、状況の改善までにはもう少し時間が掛かるかもしれません。

また無灯火で自転車を走らせた結果、誰かにぶつかったり、バランスを崩して倒れてしまう夢の場合は、文字通り闇雲に動いた結果、問題が拡大してしまう恐れを表しています。

●自転車に補助輪を付ける夢

まだまだ完全な自立には至らない頼りない状態を表しています。

バランス感覚が要である自転車の夢ですが、この主となる要素は私生活と仕事のふたつが挙げられます。つまり、その二つの力に別の力が加わる光景は、さらに既存の力を支える支援を受けることを意味します。

一見すると頼もしい助力が得られる幸運の夢に感じますが、ご存知の通り補助輪は、上手く自転車に乗れない子供のための補助ツールに過ぎません。いずれは感覚を養い、自分の力で走らせることが目的である補助輪は、肉親や心を許す相手への依存そのものと言えるでしょう。

最終的に補助輪を外して走り出す夢であれば、逆に自立心の確立を指しますが、最後まで外すことが出来なければ、勇気を出して甘えを捨てる必要があるでしょう。少なくとも、自転車に乗ろうとする夢は、自分自身の力で前進しようとする自立心の芽生えでもあるのですから。

走ることを辞めれば倒れてしまう悪循環に陥ることを「自転車操業」と揶揄しますが、夢占いでもシチュエーションによって、まさにそのままの例があります。

例えば目的地も定まらずひたすら自転車で走って疲れる夢などは、闇雲にゴールを定めずに迷走している状況そのものと言えます。加えて速度は遅くとも、何故か決して自転車から降りようとしない、降りることが出来ない、なども悪循環から抜け出せずにいる心理状態と言えるでしょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする