" /> 手袋の夢 | 夢占いナビゲーション

手袋の夢

手袋の夢の夢占い

触れるのも躊躇うような苦手な仕事を任されるかも?

思案や行動を意味する手を覆う手袋は、心の内で生じた感情を悟られまいとする警戒心を象徴します。

この手袋が象徴する警戒心は、目の前の仕事や特定の人物など多岐に渡ります。

例えば、普段通りの仕事をする夢なのに、何故か手袋をつけて作業している夢なら、現在の仕事に苦手意識を持つ分野があることを意味します。まったく心当たりがないなら、これからトラウマを植えつけるような大失敗をしでかすかもしれません。普段よりも緊張感を持って仕事に取り組む必要があるでしょう。

また何故か知人が手袋をつけている夢だったなら、その人物があなたに不信感や苦手意識をもっていることを暗示しています。逆にあなたが手袋をつけて誰かと接する夢なら、その相手に対してネガティブな感情を抱くことを予兆しています。少なくとも手袋をつける夢のままなら、大きな衝突はなさそうですが、早いうちに誤解を解いておいたほうが得策でしょう。

それでは今回も、良い夢・悪い夢の代表的な例をじっくり見ていきましょう!

スポンサードリンク



手袋の夢が意味する良い例

●手袋を脱ぐ夢

先入観による緊張や不安が解消されることを意味します。

自分の手袋を脱ぐ夢なら、苦手意識のあった勉強や仕事が改善されるでしょう。既に心当たりがある何かに着手しているなら、もうじき苦痛だった時間が一変するかもしれません。

また誰かが手袋を脱ぐ夢は、夢に登場した人物のあなたに対する警戒心が解かれることを意味します。
異性の場合は、これから恋愛関係に発展する可能性も期待できます。ビジネスで接する相手だったなら、交渉も有利に運ぶことも出来るでしょう。

●手袋をあげる・もらう夢

もしも気になるお相手から手袋を手渡される夢なら、二人の関係にが急激に変化する暗示です。

逆にあなたが手袋を誰かにあげる夢なら、渡した人物に強い好意と関心を示していることを意味します。まったく知らない異性に渡す夢だったなら、これから心を射抜く魅力的な異性が登場するかもしれません。

とても良い夢ですが、一点だけ注意したいのが、この手袋が象徴する愛情の発露は、肉体の結びつきを強調する点です。なりゆきと勢いで、一夜限りの関係になる場合もあるのでご注意を!

●手袋を捨てる夢

手袋を脱ぐ夢と同じく、先入観による不安や警戒心が解かれることを意味します。

手袋を捨てて気分がスッキリする夢だったなら、その判断が間違ってはいなかった、と感じることでしょう。逆に捨てて後悔する夢だったなら、まだまだ油断は禁物であることを意味します。

また誰かが捨てた手袋を見つけたり、拾う夢を見たなら、かつて誰かが経験した苦い思い出や教訓が得られることを意味します。あなたにとって役立つ情報になるかもしれないので、これかな?と思える話題を耳にしたなら、しっかりと耳を傾けてみましょう。

●手袋を盗まれる夢

誰かの思わぬ助けで、心の中のわだかまりが解消されるかもしれません。

持ち物を盗まれる夢は、誰かが強引な行動が状況を変化させることを意味します。苦手意識を表す手袋の場合は、誰かの突発的な行動が、結果的にあなたの警戒心を解く助けとなることを暗示しています。

ちなみに何かを盗まれる夢は幸運の兆し、と解釈される夢占いが多く見られますが、これはあくまで愛情とネガティブな象徴を持つアイテムのみに限ります。手袋以外のものを盗まれる夢の場合は意味合いが変化するのでご注意ください!

手袋は心に生じた不信感や苦手意識を隠そうとすることを意味しますが、稀に対照的な「好意」を表す場合があります。

そのため、手袋を着用している相手が異性の場合は、必ずしも警戒心とは限りません。最終的に相手があなたの前で手袋を脱ぐ、捨てる光景を目にしたなら、緊張感を持った関係が次第に穏やかとなり、新しい関係に発展することを予兆しています。

また防寒用や清掃用の頑丈な手袋ではなく、ファッションとして用いる洒落たデザインの手袋の場合は、持ち主の外面を投影している場合もあります。もちろん、この場合も相手が目の前で外す夢なら、体裁を取り除いた濃密な関係となる可能性が高いでしょう。

スポンサードリンク



手袋の夢が意味する悪い例

●手袋をつけて仕事をする夢

着手した仕事に対する強い不満や苦手意識を投影しています。

手袋をつけて作業する夢は、自分の手を汚したくない、またはこんな仕事は自分には相応しくないと感じる不満の表れです。手袋が分厚く頑丈なほど、目の前の仕事にネガティブな感情を抱いていると言えます。

ただし、手袋をつけて仕事をすることを提案される、または強要される夢だった場合は、あなた自身が抱く印象とは無関係に、緊張感を持って仕事に取り組まねばならないことを暗示しています。
特に今現在の仕事に不満を感じていないならば、いつもとは違う変わった仕事を受け持つことになりそうです。

●手袋をつけたまま握手する夢

表向きはともかく、心の底では相手に対する警戒心が解かれていないことを意味します。

あなたが手袋をつけて握手する夢だったなら、相手のことを詳しく思い出してみましょう。知人が登場する夢なら、相手に不信感を感じる出来事が降りかかるかもしれません。同時にそんな相手であっても、協力体制を維持することも周囲から求められそうです。

逆にあなたと握手した相手が手袋をつけたままなら、相手の顰蹙(ひんしゅく)を買わないように要注意です。知人はもちろん、見知らぬ相手なら、これから出会う相手と接する際に不快感を与えないように注意しておきましょう。

●新しい手袋を買う夢

仕事や人との接し方など、注意しなければいけない重要なことを学ぶことになりそうです。

購入した手袋がとても丈夫そうに見える、払った金額が高額だった、のふたつが該当する場合は、結末はともかく苦い経験となりそうです。
お金は人生のエネルギーとなるあらゆる存在を象徴しますが、この場合は「時間」を表している可能性が高いでしょう。スケジュール管理にはいつも以上に気を配っておいたほうがよさそうです。

ただし、この夢は、魅力的な異性との出会いを指すという別の解釈もあります。購入した手袋が薄く、洗練されたデザインであれば、上記とは逆に恋愛活動に大きな変化がありそうです。

●手袋に穴があく夢

他人には知られたくない心の内が筒抜けになってしまうかもしれません。

手袋は行動や思惑を意味する手を隠すことから、文字通り手の内を隠すこと、すなわち秘密を意味します。稀に出会いや恋愛での変化を意味するのも、この心の内で生じた愛情を隠そうとすることに由来します。

つまり、手袋に穴があいてしまう夢は、抱えた秘密が外に漏れてしまうことを意味します。穴があいていることを誰かに見られる、指摘される夢だった場合は、特に秘密の露見が強調されるので注意しておきましょう。

様々な種類が存在する手袋ですが、用途によって意味合いも変化します。

例えば、お掃除に使うビニール手袋は、掃除が意味する情報の整理に対する苦手意識を意味します。もしも相手がビニール手袋をつけたまま現れる夢だったなら、混沌とした状況の渦中にあるか、あなた自身に対して複雑な印象を持っていることのいずれかを表しています。

また防寒用の手袋であれば、環境そのものに大きな不満を抱いていることを表しています。夢に登場した知人が暖かそうな手袋を着けて登場する夢なら、お仕事や私生活での不満を口にするかもしれません。

スポンサードリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました