" /> 膝(ひざ)の夢 | 夢占いナビゲーション

膝(ひざ)の夢

膝(ひざ)の夢の夢占い

元気よく前進する前に、まずは準備運動!

足のパーツである膝は、足が象徴する「進展」にさらに加速させることを表しています。

これは曲げる、伸ばすといった関節の動きに由来するため、腕はもちろん指にもあてはまります。

健康な足はそれだけでも自信を持って前進する吉兆の夢ですが、膝を含めた関節もしっかり機能する様子は、その自信を支える柔軟な姿勢や機転の良さを表しています。

見方を変えれば「どこへ進むか」よりも「どのように進むか」といったテクニックに焦点が絞られることを指す夢と言えますね。

それでは今回も、吉夢・凶夢の代表的なパターンを見ていきましょう!

スポンサードリンク



膝(ひざ)の夢が意味する良い例

●膝が軽快に動く夢

夢の光景のようにフットワークの軽い順調な様子を表しています。

歩いているうちにどんどん膝が軽くなる夢なら、少しずつ苦しい状況が改善していくことを意味します。心当たりがあるなら、苦労が報われるのももうじきかもしれません。

足のパーツである膝は、当然ながら足が象徴する進展の意味に加えて、機転や柔軟性を含みます。もしかしたら困難な現状を変える意外な視点が見つかるのかもしれませんね。

関連する足の夢占いのページもご覧ください。

●膝を伸ばす夢

足の筋肉がほどよくほぐれたなら、問題を解決する意外な突破口を発見することを暗示しています。

ストレッチによって足が軽快になる夢なら、現実でも足取り軽く望みの進路へと進めそうです。

誰かがストレッチや屈伸運動を手伝ってくれる夢なら、他人のアドバイスが効果を発揮することを意味します。知人が登場する夢なら、現実で会う時はしっかりと耳を傾けておきましょう

●膝に乗る・乗せる夢

あなたを強力にバックアップしてくれる人物の登場、またはあなた自身が誰かを後押しする役割を担うことを意味します。

誰かの膝に乗る夢なら、頼れる味方の登場に期待が集まります。夢に登場した人物の顔に見覚えはありませんか?もしも知人なら、これから共に新しい計画を立てることになりそうです。

逆に乗せる夢の場合は、苦労はあれどやりがいは十分な時間を過ごすことになりそうです。

●膝を触られる夢

誰かがあなたの仕事ぶりに興味を示しているようです。

膝は進展を象徴する足のパーツの中でも、機転や柔軟性などの要領の良さを強く反映させるパーツです。膝を誉められる、触れられるなど、他人があなたの膝に関心を示す夢は、あなたの活躍ぶりを評価されることを暗示しています。

ただし、あなたが女性で男性に膝を触れられる夢の場合は、恋愛としての関心の傾向が強く、その関心はやや粗野な一面があります。

手の届く範囲を表す「お膝元」という言葉の通り、膝は行動範囲を示す傾向があります。

つまり健康な膝はそれだけフットワークをさらに拡大させる可能性を示していますが、同時に活躍の場を広げることによって評価も高まることを表しています。

また女性の場合はスカートを履いた場合に外部の目に触れるパーツでもあるため、膝の状態はあなた自身の印象を投影する場合があります。もちろん綺麗な膝なら、周囲にも好印象であることを意味します。

スポンサードリンク



膝(ひざ)の夢が意味する悪い例

●膝を怪我する夢

望みの進路を絶たれるアクシデントが降りかかりそうです。

歩けなくなるほど重症の怪我なら、問題が長引くことが予想されます。まだ時間に余裕がありそう、と踏んでいる仕事があるなら、予定より早めに切り上げておいたほうが得策です。

また怪我をした傷口から大量に出血する夢なら、問題の長期化に加えて、金銭面でも出費がかさみそうなので要注意です!

●膝に毛が生えてくる夢

あり得ないほどの量の毛が生える光景なら、何事もほどほどに、を守っておいたほうがよさそうです。

本来、毛が生える夢はそれぞれの体のパーツの象徴が躍動することを意味する幸運の夢ですが、通常それほど毛深くなることがない箇所に異常に毛が生える夢は注意が必要です。

体毛は躍動する強い生命力の表れであるため、さしずめ目的と手段が入れ替わった行動やアイデアが発端となるトラブルになりそうです。

●膝が曲がらない夢

拘りや執着によって、柔軟性を失うことを暗示しています。

関節が曲がらないことで歩けずに困ってしまう夢なら、凝り固まった考えを改める必要があるでしょう。

ひとつの考えに囚われず、時には別の角度から物事を眺めてみることも必要ですよ!

●誰かの前にひざまつく夢

この夢には幾つか解釈が分かれますが、人前で恥をかく出来事がふりかかることを表すとされています。

また男性が女性にひざまつく夢の場合は特にこの意味が強い、とやけに性別に拘る例が多く存在します。

膝を含めた関節が痛む、または怪我をする夢の多くは柔軟性を失うことを意味します。

足の関節である膝の場合は、足が象徴する進展との関連性が高いため、思うように先に進めない困難に悩まされることを表します。

上記の項目でも幾つか触れましたが、逆に言えばひとつの考えに拘らず、あらゆる角度から物事を眺める柔軟性を取り戻すことが問題解消に繋がることを示している夢とも言えます。

現実の世界でも、一端足を止めて膝をストレッチするつもりで考えを切り替えてみましょう。

スポンサードリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました