足の夢

足の夢の夢占い

未来に向かって、力強い一歩を踏み出す予兆

歩く・走る、などの移動の動作を司る足は、夢占いでは成長と進展の象徴です。

つまり、自分の足を眺めるなどの、足に関心を示す夢は、自分の成長を再確認したり、進むべき進路を改めて考慮したり、などの今後について想いを馳せることになりそうです。

ここ最近、将来について考える時間がなかったでしょうか?もしも心当たりがないなら、これから改めて未来について考える場面が訪れるかもしれませんよ。

また体を支える柱でもある足は、経済力や自尊心などを指す「基盤」の象徴にも割り当てられています。前向きな姿勢だけでは心もとないお財布事情にもスポットライトが当たるかもしれません。

それでは今回も、吉兆を表す良い夢、そして悩みを抱えそうな悪い夢、のそれぞれの代表的な例を見ていきましょう!

スポンサードリンク



足の夢が意味する良い例

●足が太くなる夢

気力に満ち溢れた前向きな心を投影しています。

足の筋力が増したことでスイスイ歩く夢なら、停滞していた物事が活発に動き出す暗示です。

ただし、足が重くて動きづらいと感じる夢だった場合は、見た目の通り、枷(かせ)となる何かが、あなたの前進を拒んでいることを意味します。

女性にとっては目覚めの悪い夢に感じるかもしれませんが、特に歩きづらいと感じる夢でない限りは、吉兆の夢なのでご安心を!

●足が伸びる夢

この先の将来が楽しみになりそうな出来事が舞い込みそうです。

足が伸びる様子は、文字通りフットワークが軽く、未来を表す遠くの地まで歩けることを意味します。

歩幅が増したことで、力強く前進する夢なら、自分でも驚くような成長を遂げるかもしれません。

●足の毛(脛毛)が生える夢

高まる自信が、あなたの野心を大いに刺激しそうです。

体毛が生える様子は、特定の部位が象徴する何かに野心が宿ることを意味します。

足は成長と進展の象徴なため、もしかしたら独立や新たな活躍の場を求めるかもしれません。

●足元に何かを発見する夢

偶然という形で印象深い出会いを経験する暗示です。

特に道沿いを歩く際に、足元に何かが落ちているのを発見するシチュエーションの場合が、特に可能性が高い夢と言えます。

拾ったアイテムに見覚えがあるなら、あなたが過去に経験した何かに再び進展が見られることを意味します。

関連する落し物を拾う夢の夢占いのページも合わせてご覧ください。

本物のお金持ちは腕時計と足元を見ればわかる、という言葉がありますが、夢占いでも足元を見れば、ステータスを計る要素になります。

もしも丈夫な素材で作られた靴を履く夢なら、しっかりとした自信や磐石な体制によってお仕事を進めることを暗示しています。もちろん、高級な雰囲気なら経済面でも幸運が期待できます。

逆にボロボロな靴なら、文字通り足元がおぼつかない事態に陥りそうなことを表すので注意しておきましょう。

関連する靴(くつ)の夢占いのページも併せてご覧ください。

スポンサードリンク



足の夢が意味する悪い例

●足を怪我する夢

順調だった物事が急展開を迎えそうです。

怪我の具合にもよりますが、足が成長と進展の象徴である点も見れば、どうやら進行中だったプランなどにアクシデントが発生する可能性があります。

また骨折で歩くことが出来なくなる夢なら、自信を失ったり、挫折を味わう暗示なので要注意です!

関連する骨折する夢の夢占いのページも合わせてご覧ください。

●足が細くなる夢

病的な細さに不安を感じる夢なら要注意です!

もしもそのまま足が折れてしまう夢なら、ギリギリで持ちこたえていた忍耐が費えてしますことを意味します。

足が太くなる夢とは逆の解釈ですが、スラリと美しい足で元気よく歩く夢なら吉兆の暗示です。

●足を洗う夢

これまで親しんでいた何かにひとつの区切りがつくことを意味します。

足を洗う、と言う言葉は生業から身を引くことを意味しますが、文字通りの解釈と捉えてもいい夢です。

洗えど洗えど、足の汚れが一向に落ちない夢の場合は、罪悪感にかられる悩ましい心を投影しています。

関連する洗う夢の夢占いのページを合わせてご覧ください。

●足を組む夢

予想よりも停滞する時間が長引くことを暗示しています。

また誰かを持つシチュエーションで足を組む夢なら、特にこの傾向が強い夢といわれています。

長時間足を組んだことで痺れてしまう夢の場合は、現実の世界でも痺れを切らしそうなので注意しておきましょう!

数ある体のパーツの中でも、怪我による弊害が大きいのが足です。

これには幾つか理由がありますが、もっとも特記すべき理由が冒頭でも触れた通り、足が成長と基盤の象徴であるため、総合的な物事が停滞することを指すためです。

そして、もうひとつの理由が、腕と同じく人目に触れることが多いパーツであるためです。

これは足に起こった問題が象徴する弊害が、現実の世界でも周囲に認知されることを意味します。男性に比べて、スカートを履く機会のある女性は、特に注意しておきたいポイントです。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする