" /> 図書館の夢 | 夢占いナビゲーション

図書館の夢

図書館を訪れる夢の夢占い

これまでのあなたの歴史にクローズアップ!

図書館に関連する夢は、あなたがこれまで経験した過去の記憶に触れることを意味しています。

特に変わった出来事がない夢なら、あくまで過去の記憶が蘇るだけに過ぎない夢ですが、他に印象に残る場面を目にした際は、その様子を詳しく思い出してみましょう。もしかしたら、あなたのこれまで積んだ経験という財産が、未来へと進むための鍵となるかもしれません。

棚にズラリと並んだ本は、どんな記憶を見せてくれるのでしょうか?楽しかった思い出?それとも二度と経験したくはないトラウマでしょうか?

スポンサードリンク



図書館の夢が意味する良い例

冒頭の内容の通り、過去の記憶が身を助けることを指す代表的な例を見てみましょう。経験は無いよりも財産、ですよ?

●図書館で本を借りる夢

これまで経験した何かが、これからの進展の鍵となることを意味します。書かれた内容が思い出せるなら、忘れないうちにメモしておいたほうがいいかもしれません。

●図書館で誰かに遭遇する夢

懐かしい友達との思い出話に花は咲きそうです。またこの人物がこれからの進路のヒントを授けるキーパーソンとなる場合もあります。

●図書館に本を返却する夢

過去の教訓が上手く活かされることを意味しています。ただし返却期間を過ぎてしまい注意を受ける夢なら、脇の甘さが露呈する場合があるので注意!

●図書館で勉強する夢

あなたが苦手だなぁと感じる弱点を克服するヒントが授かりそうです。図書館は記憶の貯蔵庫であるため、そのウィークポイントを制する鍵を一度目にしたことがあるのかもしれません。

良い例では、主に楽しかった思い出に触れるケースが多いようです。
またご紹介した全ての例が、共通して過去の経験が未来を作る礎(いしずえ)となる点も特徴です。
特に図書館で誰かに遭遇する夢の場合は、単に旧友との親睦に留まらず、未来へと足を進めるヒントを授けてくれる可能性がるため期待が高まります。

スポンサードリンク



図書館の夢が意味する悪い例

楽しい時間だけを過ごして生きてきた、という人はかなり稀ではないでしょうか?
時には過去に対する未練や執着が足枷(あしかせ)となってしまうこともあります。悪い例の代表的なパターンを見てみましょう。

●図書館への返却する本を失くす夢

良い例の本を返却する夢とは逆に、過去の教訓が上手く機能していないことを意味しています。またやってしまった…となる前に落ち着いて対処しましょう。

●図書館で目的の本が見つからない夢

過去に起こった問題に再び関心が向く前触れです。もしかしたら以前よりも慎重な対応が求められるかもしれません。

●本の無い図書館の夢

何か重要なことを忘れてしまっていることを示しています。本の無い棚の周辺に見覚えのあるアイテムや人物を目にしたなら、その重要な記憶に深く関わっている可能性大です。

●閉館した図書館の夢

出来れば思い出したくはない過去の記憶ともう一度向き合うことを意味しています。もしも中に無理やり入ろうとする様子なら、あなたの意思に関わらず、再び苦い思い出と対峙する必要性を表しています。

良い例では、主に楽しい思い出に関心が向くパターンが多く見られましたが、悪い例では逆に思い出したくはない苦い記憶に触れるパターンがほとんどです。
閉館した図書館、もとい建物の夢は、何かを拒絶しようとする心理傾向を表すため特に注意しておいたほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました