火傷を負う夢

火傷する夢の夢占い

不死鳥の如く再生の炎の包まれて

火傷の夢は、状況を一変させる激しい力に触れることを象徴しています。

これは破壊と再生を象徴する炎による作用が強く反映されているためであり、混乱した状況を好転させることもあれば、あらに悪化する場合もありうる吉凶ハッキリ分かれる夢と言えます。

ちなみに火事や噴火の夢が、宝くじの当選などの臨時収入に期待できる、と解釈されるのも、この激しい力が溢れることが由来であり、あくまでその力が吉兆を暗示する場合に限られます。

もちろん、火傷の夢も幸運に恵まれる例も存在しますが、いずれの結末を辿るにせよ、一時的に状況を変えるための大転換を味わう可能性があることをお忘れなく!

それでは今回も、吉兆を暗示する良い夢の例、そしてトラブル発生を示す悪い夢の例をそれぞれ見ていきましょう!

関連性の高い火事の夢は、火事の夢占いのページも合わせてご覧ください。

スポンサードリンク



火傷の夢が意味する良い例

●火傷が原因で死んでしまう夢

心境を一変させるような劇的な出来事を経験する暗示です。

夢占いでは、命を落とす夢が再生のシンボルであることは有名ですが、炎に焼かれる光景とセットの場合は、さらに強烈と言えます。

火傷の痛みを感じる夢の場合は、新しい視点を得るために混乱を経験する暗示ですが、喧騒が静まった後には生まれ変わった自分に驚くことになりそうです。

●火傷を治す夢

飛躍的な成長と引き換えとなった問題が解消されることを意味します。

今現在、混乱した状況の真っ只中だ、という方は、もうじき悩ましい問題も解消して落ち着いた日々を取り戻すことになるでしょう。

お医者さんに治療してもらう光景なら、誰かの助言が大いに参考になることを意味します。親しい友人や家族と話す際は、些細なことも聞き漏らさないように注意してみましょう。

関連する病院の夢占いのページを合わせてご覧ください。

●火傷跡が消える夢

過去に経験した困難との奮闘によるトラウマが解消することを暗示しています。

またトラウマだけでなく、ずっと抱いていた誤解が解かれることを意味するケースもあります。

いずれのケースにせよ、あなたがずっと心に抱いてたある出来事に対する鮮明な記憶に新たな進展がありそうです。

火傷跡が消えて、綺麗な肌を取り戻す夢なら、おおむね吉兆の夢と判断して問題ないでしょう。

●火傷の痛みを感じない夢

激しい状況の変化の中を涼しい顔で通り抜けることが出来るかもしれません。

また炎の上がった場所を痛みだけでなく、火傷そのものを負うこともなく切り抜ける夢なら、特に困難を難なくやり過ごすことを暗示しています。

ただし、怪我の関連する夢で痛みを感じない光景は、問題による弊害が時間差で降りかかることを指す場合もあります。

しばらくした後に、火傷の痛みがやってくる夢の場合はご注意を!

火傷の状態も重要ですが、火傷を負うまでの経緯も夢を読み解く大事なポイントです。

例えば、キッチンで料理をする際に火傷をする夢なら、創造力が大いに刺激される反面、誤って暴走しかねないことを意味します。

また火事で火傷を負う夢の場合は、どの建物が火事になったかも思い出す必要があります。

自宅が火事になる夢ならプライベートで過ごす時間を、学校や職場なら社会的な活動の場、などそれぞれで大きな変化を経験することを意味します。

スポンサードリンク



火傷の夢が意味する悪い例

●激しい痛みを感じる火傷の夢

耐え難い成長の勲章を経験する暗示です。

火傷に限らず、怪我の夢でもっとも重要なのが痛みの強さです。激痛に悶えるほどなら、新しい自分に生まれ変わるための厳しい試練が降りかかることになりそうです。

指先を火傷する夢の場合は、周囲の誰かと衝突する可能性が高いので注意しておきましょう。

●火傷を冷やす夢

困難に直面して休まざるを得ない状況に追い込まれてしまうかもしれません。

痛みだけでなく、火傷した箇所が火照る夢の場合は特に気をつけておきましょう。意欲だけが先行して余計な問題を抱えてしまうかもしれません。

火照りが思うように治らない夢だった場合は、一度気持ちを落ち着けて周囲の状況を見回してみましょう。先にかたずけるべき課題が見えてくるかもしれませんよ。

●火傷跡ができる夢

怪我による傷跡や痣(あざ)などの体に残る疾患は、経験によって得られた印象深い記憶やトラウマを表しています。

つまり、破壊と再生を象徴する火傷の跡は、新たな自分へと成長するための「怪我の功名」と言ったところでしょうか。

沢山の火傷跡を目にする夢なら、良くも悪くも自分を高めるための濃密な時間を過ごすことを示しています。

●火傷を負った人を見る夢

夢に登場した人物が知人か、それとも見知らぬ人だったかで意味が変化します。

知人が火傷を負う夢は、実際にその人物が転換期の混乱の渦中にあることを意味します。あなたが火傷を治療してあげる夢なら、あなたがその人物の成長のプロセスのひとつとなることを示しています。

全く知らない人が火傷を負う夢の場合は、あなたが転換期による混乱に苦しむ様子を客観的に捉えていることを意味します。火傷に苦しむ様子なら、例え結末は良くとも困難に直面する可能性大なので要注意です。

関連する知らない人の夢占いページも合わせてご覧ください。

夢の中で火傷を負った体の箇所も思い出してみましょう。

もしも腕に火傷を負う夢なら、あなたの個人的なスキルや信用に変化が起こることを指します。

首やお腹に火傷を負う場合は、経済的な領域での変化を意味します。いずれも最終的には良い結末を辿ることを願いますが、もしも激しい痛みを感じる場合は、一時的に困難な状況に立たされる可能性があるので要注意です!

スポンサードリンク