離婚する夢

離婚する夢の夢占い

大好きなあなたが生まれ変わる姿が見たいから、ここでお別れしましょう?

離婚する夢は、夢占いでは自立心の高まりを象徴する吉夢です。

夢占いでは印象とは逆の出来事を表す「逆夢」と呼ばれる夢がありますが、離婚する夢も逆夢の代表的な例と言えます。

この逆夢には、何かが終わり「再生」する、という共通したパターンがあり、この離婚するシチュエーションも、協力または依存した力が分かれることで、自立心が高まることを表しています。

ちなみに結婚する夢は、意中の相手との念願のゴールイン…ではなく、異なる二つの力が重なることを象徴しています。
この手を取り合う二つの事象は、必ずしも情愛に染まった人物とは限らず、ビジネスにおける協力関係や、仲違いしていた友人同士が意外なきっかけで関係が修復されるなど、広範囲に及びます。

つまり離婚する夢は、あなたがこれまで頼りにしていた存在から独り立ちする時が迫っていることを意味します。
もしかしたら、先輩や上司と呼べる人物から評価されたことで自信が確信へと変化したり、充実した時間を過ごせるようになったことで、寂しい気持ちを紛らわせてくれた何かを捨てる時がやってくるかもしれません。もちろん逆夢と呼ばれるだけあって、好きな相手と結ばれることで、孤独な自分とサヨナラする可能性もありますよ。

それでは今回も、良い夢・悪い夢の代表的なパターンを幾つか見ていきましょう!

スポンサードリンク



離婚する夢が意味する良い例

●自分から離婚を切り出す夢

冒頭でも触れたように、自分の力で一歩を踏み出す独立心の表れです。

離婚する夢の中では最も吉夢な例です。離婚が成立して晴れやかな気持ちになる夢なら、頼りにしていた、いうより依存関係にあった存在からの脱却と言ったほうがいいかもしれません。

もしも誰かに認められようと力を注いでいる何かに心当たりがあるなら、ゴーサインと見ていいでしょう。その成果によって自分の力にさらに自信が持てるようになれそうですよ。

ただし、現在の伴侶に対する不満がそのまま夢の中に投影されている場合もあるのであしからず…。

●両親が離婚する夢

家族の絆がより深まる暗示です。

家族内で妥協点を見つけたり、それぞれの長所を活かすなど、これまでとは違う役割を担うことになるかもしれません。
また現在両親と一緒に生活しているなら、あなた自身の自立心が高まることで、両親にとって負担が軽減されることを表しているのかもしれません。

ただし、この実在する親が離婚する夢の解釈にかなり幅があり、逆に家族に大きな亀裂が生じる、金運が下降する、とされるケースが多々あります。
しかし、実際に離婚の危機が起こっているでもない限り、現実で離婚することはかなり稀であり、管理人を含めて実際にこの夢を見て離婚を経験した人は皆無なので、過度な心配は必要ないと思われます。

●知らない人と離婚する夢

苦手意識を克服して大きな成長を遂げる吉兆の夢です。

見知らぬ人物は、内に存在するもう一人の自分の投影です。
自分のここが嫌なんだよねぇ…と思っていても、コントロール出来なかった経験はないでしょうか?もうじき弱い自分を断ち切る決断の時が迫っているかもしれませんよ。
登場した人物の特徴をよく思い出してみましょう。現在の抱えている自分の改善点を表す特徴が映し出されているかもしれませんよ。

もしも相手から離婚を切り出してきたなら、あなたの意志に関わらず、自分を律する必要性が生じることを暗示しています。この場合は、慌てて内面のコントロールに四苦八苦するかもしれないので注意しておきましょう。

関連する知らない人の夢占いのページもご覧ください。

●離婚した相手が登場する夢

新しい出会いに期待が高まります。

そのまま再婚する夢であれば、今度こそ幸せな未来が過ごせそうな相手との出会いがありそうです。
夢の中に現れたかつてのパートナーの姿をよく思い出してみてください。実在する人物とは異なる点があったなら、これから出会う人物の特徴がそのまま投影されているいかもしれませんよ。

かつて実際に離婚した相手との復縁、という可能性もないわけではありませんが、離婚した相手を常に想っているでもない限りは、上記の意味合いのほうが強いでしょう。

離婚と言えば、役所に届ける「離婚届」が必要ですが、この離婚届も夢を読み解く重要なポイントです。

離婚の意志を示す判を押す様子は、離婚する夢が表す自立や再生の選択の時が訪れることを意味します。つまり通常の離婚の夢と比べて、目に見える形であなたの前向きな姿勢を問う出来事が起こる夢、と言えますね。

既に相手が判を押した用紙を目にする夢なら、いよいよ自分の力で立ち上がる転換期を迎えることを意味しますが、まだ相手が判をおしていない用紙の場合は、気持ちだけ先行していることを意味します。相手が離婚に応じない様子なら、心の内で起こる葛藤を沈めることが先決です。

関連する判子・印鑑の夢占いのページも併せてどうぞ。

スポンサードリンク



離婚する夢が意味する悪い例

●離婚してすぐに再婚する夢

同じ相手と再婚する夢なら、まだまだ独り立ちできていないことを意味します。

自分から再婚を申し込んだか、それとも相手が申し込んできたかも思い出してみましょう。

自分で再婚を申し込む夢の場合は、依存関係から抜け出せない、自信がなくて前に進めない、上記の通り弱気を表す傾向が強まります。
頼ってはダメだ!と突き放そうとするものの、誘惑に負けてしまう何かに心当たりはないでしょうか?

相手が再婚を申し込む夢であれば、甘えを断ち切ろうとするものの、根が深すぎて困難な状況にあることを意味します。
その対象は人はもちろん、趣味や日常の密かな楽しみなど様々ですが、固い意志を持って乗り切りましょう!

再婚した相手がまったく別の相手の場合は、甘えを断ち切ったことで新しい世界が開けることを意味します。もちろん、素敵な異性との出会いも夢ではありませんよ。

関連する結婚式の夢占いのページもご覧ください。

●離婚ができない夢

甘えた気持ちから抜け出せない悩ましい状態を表しています。

どうしても離婚届に判を押せない、相手に離婚の意志を切り出せない、など踏みとどまる様子は、まだ心の片隅に今のままでいたい、という欲求が渦巻いていることを意味します。

ただし、離婚届を誰かに破られる、相手が離婚に応じない、などの外部に問題を抱える夢の場合は、ようやく自立への一歩を踏み出す兆候と言えます。近日中に自分の力で一歩を踏み出そう、と感じるきっかけが訪れそうです。些細な変化も見逃さないように!

●友達・知人と離婚する夢

これまでの信頼や協力関係が解消されてしまうかもしれません。

単なる友達ではなく一緒に仕事をする同僚だったなら、考えの食い違いが原因で衝突してしまうかもしれないので要注意です!また職場の上司と離婚する夢も、意図せず相手の信頼を裏切ってしまうことを暗示しているので注意しておきましょう。

しかし、見方を変えれば”結婚している”という前提であるこの夢は、今現在の二人の関係がとても良好であることを強く訴えています。それ故に、冗談のつもりで発した言葉で相手を傷つけてしまう可能性が高いでしょう。親しき仲にも礼儀あり、の精神で感謝の気持ちを忘れずに!

関連する友達の夢占いのページもご覧ください。

●離婚した人を眺める夢

離婚した人物がとても後悔している、相手と激しい口論になっている、などの穏やかではない場面を目撃したなら注意が必要です。

吉夢の例でも触れましたが、見知らぬ人物が登場する夢は、己の内面を投影化させたもう一人の自分を眺めていることを意味します。
つまり、離婚した人物が取った行動は、あなたが自分を客観的に見ている姿そのものなのです。
逆に清々しい表情で過ごす夢であれば良いのですが、この知らない人の行動を眺める夢は、過去の自分を客観視する意味合いがあるため、総じて後悔や執着を指す傾向があります。

ちなみに好きな人が誰かと離婚する夢は、あなた自身が相手への関心を失うことを暗示しています。また実際に意中の相手が結婚している場合は、関係が解消することを願うネガティブな欲求が投影されている場合があります。

結婚はもちろん、離婚も人生の転機であり、決して穏やかな状況とは言えません。お互いの価値観の違いから、激しい口論の末に離婚を選択するのも珍しいことではないでしょう。

これまで見てきた通り、夢占いにおける離婚とは、新たな一歩を踏み出す夢であり、喧嘩をする夢は活発なコミュニケーションによって理解が深まることを意味する吉兆の夢です。

本来喧嘩をする夢は、夢に登場した相手とのコミュニケーションが盛んになることで信頼が深まることを意味しますが、離婚する相手が見知らぬ異性の場合は、己の内で起こる葛藤を乗り越えることで、新しい自分に生まれ変わる、と解釈されます。

おそらくかなり目覚めの悪い夢でしょうが、相手を罵りながら離婚届に判を押してもらう夢なら、弱い自分を打ち砕き、力強く前進することになるでしょう。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする