お金の夢

お金の夢の夢占い

あなたにとって価値ある人生を送るために必要な力は何ですか?

数ある夢占いの意味を持つ存在の中でも、特に幅広い解釈を持つのがお金の夢です。そのカバーする領域はかなり広範囲に渡り、時間、愛情、信用、意欲、など財産と呼べるあらゆる存在を象徴します。

ある時は所有する人物の信用を表し、またある時は対価として望みの品に姿を変える、と変幻自在な性質は夢の中でも同じですね。大きな枠で捉えれば、それは生きるために不可欠な力であり、夢のシナリオに沿って、ようやく姿の輪郭が見えてきます。

例えば代表的なお金を使うシーンである買い物をする夢では、お金は「時間」を表す傾向があります。
これは対価を手渡し品を手にする、という既に所有している何かを消耗することに由来します。買い物の夢の多くは、成長を助ける「経験」や「知識」が得られること表すため、あなたが自分の時間を浪費することで、有益な体験をしたり、耳寄りな情報を手に入れることを意味するのです。
ちなみに食べ物を購入する夢の場合は、どちらかと言うと知識を表す傾向があります。もちろん金額に見合う美味しい食べ物だったなら、「時は金なり」を良い意味で実感する有益な情報が手に入るでしょう。

ではお金をもらう、あげる夢も同じかと言えば、こちらは「愛情」に変化します。この違いは買い物が望みの知識や経験を得るために必要な時間を割く必要があるのに対して、必ずしも対価を必要としない場合は、文字通り無償の愛となるからです。ただしお金が象徴する愛情は、男女の恋愛関係による愛とは限らず、穏やかな信頼ないし友愛を表す場合があります。

他にも様々な姿へを見せるお金の夢ですが、ひとつだけ注意したい点があります。
それは現実の世界と同じくその力には限りがあるということです。時間、愛情、意欲、信用…いずれの象徴に該当する夢であっても無闇に浪費することは控えておくことを心掛けておきましょう。特に時間を象徴していると思われる夢の場合は、投資した時間がキチンと見返りとなってあなたの成長に繋がるかを予測するヒントになるはずです。期待以上の成果が得られそうな夢なら結構ですが、逆の場合は貴重な財産でもある時間を無駄にしないように要注意です。

それでは今回も、吉夢・凶夢の代表的なパターンを幾つか見ていきましょう!

スポンサードリンク



お金の夢が意味する良い例

●お金を数える夢

もしもお金が増えている夢だったなら、嬉しい臨時収入が期待できそうです。

数える夢は、何かを確認すること、またはその必要性が生じることを意味します。
お金の夢は、必ずしも経済力と直結するとは限りませんが、この数える夢の場合はお金と同等の財産に何らかの変化が表す傾向があります。
もしかしたら、過去に力を注いでいた何かがようやくその真価を発揮したことで、驚くような報酬をもたらしてくれるのかもしれません。また以前に他人のために手を貸したことが気付かぬうちに、あなたの評価を大きく上げていた、なんて出来事も考えられますね。
増えていた額に応じて、感激の度合いも大きくなりそうです。

ただし、逆に減っている夢であった場合は、気付かぬうちに浪費が加速していることを意味します。実際のお金はもちろん、この場合は時間の無駄遣いにも注意しておいたほうがいいかもしれません。

関連する数える夢の夢占いのページもご覧ください。

●お金を払う夢

気前良くお金を払う夢なら、経済力が大きく向上することを暗示しています。

この夢は、払うだけの財産が得られる、という夢と現実では逆の意味を持つ「逆夢」のパターンに部類します。
お金に関連する夢の中で特に良いとされる例であり、支払った額は多いほど良いとされています。
他の項目と同じように、必ずしも直接的な金銭が得られる場合もありますが、他にお金が象徴する時間や愛情などの間接的な事象を通して経済力が伸びる場合もあります。

また購入した物によって、どんな結末を辿るかが大きく変化します。食べ物の場合は耳寄りな情報や知識、身につけるアイテムなら礼節や印象を変えるきっかけ、など様々ですが、満足できる買い物であれば概ね吉兆の夢と判断しても問題ないでしょう。

ただし、吉兆の夢と判断するのには幾つか条件があり、自分の意志で払うこと、既に払うだけのお金を所有していること、のふたつが整っていることが前提です。
支払うことを強要される、しぶしぶお金を払う、などの場合は意味が逆となるので要注意です。

●お金をあげる夢

満ち足りた余韻は、周囲にも良い影響となって波及することになりそうです。

お金を払う夢と同じく、あげる夢も他人に施すだけの力を所有していることから、満ち足りた生活を象徴する逆夢の代表的なパターンです。
お金を貰った人物から感謝される夢なら、あなたが力を貸した何かが巡り巡ってさらに幸運を運ぶことを暗示しています。またお年玉としてお金をあげる夢であれば、あなたを筆頭とした周囲を巻き込む転換期が始まる予兆です。

ちなみに逆にあなたがお金をもらう夢も思わぬ幸運を意味しますが、あなたの意志でお金を要求する夢なら、お金が象徴する経済力、時間、愛情などが枯渇することによって、焦燥感が高まることを暗示しているので要注意です。

●お金を貯める夢

ひとつひとつの小さな積み重ねが、やがて大きな財産となることを意味します。

現実の世界で貯金することを同じように、得られた経験や知識があなたの成長を少しずつ後押ししてくれるでしょう。

また他の項目と同じく、時間や経験ではなく、愛情と関連する思い出を刻む姿を投影している場合もあります。いずれの結果にせよ、その几帳面な姿勢はあなたを大いに助ける力となるはずです。

貯金したお金を銀行から降ろす、貯金箱から取り出す、などの夢を見た場合は、これまでの積み上げた経験の真価が発揮される時が到来することを暗示しています。
思っていたよりお金が増えていた、と感じられる夢なら、周囲も驚くような成長ぶりを見せるかもしれません。

関連する銀行の夢占いのページもご覧ください。

お金は主に「紙幣」と「硬貨・小銭」の二種類に分けられますが、夢占いでもこの種類が印象的な夢は解釈が変化します。

紙幣は通常のお金の夢と同様ですが、硬貨の場合は、お金が象徴する様々な力が小分けにされることを意味します。つまり、お金が象徴する時間や愛情を差し向けようとする対象が複数存在することを表し、実際に紙幣を硬貨に両替する夢なら、所有する力を分散させようとすること、またはその必要性が生じることを暗示しています。

忙しい毎日を過ごす現代人とってスケジュール管理は当たり前ですが、小銭を失くしたり、両替を間違える夢だった場合は、時間配分を誤る可能性があるので注意しておきましょう。

また一人の相手は満足できず、秘密の恋愛関係を楽しんでいる方が小銭に関連するトラブルの夢を見た場合は、うっかり秘密が周囲に知られてしまうかもしれないので特に要注意です。

スポンサードリンク



お金の夢が意味する悪い例

●お金を拾う夢

運良く余韻をもたらす何かが得られないか、と期待する心を投影しています。

何かを拾う夢は、偶然という形で何かを目にすることを表します。主に思わぬ幸運を手にする夢ですが、お金の場合は、期待のみが先行するケースが非常に多いとされています。

これはお金が、時間、愛情、意欲など抽象的な力の源を表すためです。
他にも抽象的な事柄を表すアイテムは多数存在しますが、お金の場合はその根源とも言える存在なのかもしれません。

ちなみにお金の象徴は複数ありますが、何故かこの夢に限っては「愛情」を求める傾向が強いようです。実際に素敵な異性との出会いや、恋人・パートナーとの甘い時間の訪れもないわけではありませんが、あまり期待しないほうがベターです。

関連する落し物を拾う夢の夢占いのページもご覧ください。

●お金を食べてしまう夢

お金が象徴する時間や愛情を強く求めている枯渇した欲求を表しています。

お金を拾う夢と同じような意味ですが、欲求の強さで言えばこちらの方が断然強い夢です。
また拾う夢と同じく、この夢もお金が象徴する複数の象徴の内の「愛情」を求める傾向が強いとされています。お金に限らず何かを食べる夢には共通して言えることですが、強い空腹を感じながら食べる夢ほど、その欲求も強いことを意味します。ガツガツとお金を貪るように食べてお腹を壊してしまう夢だったなら、その欲求が引き金となって思わぬ問題を抱えてしまいそうなので注意しておきましょう。

ちなみに自分の財布からお金を取り出して食べる、残りのお金が減っていく、の二つが該当する場合は、愛情よりも時間が足りずに焦燥感を感じていることを意味します。納期が定められている仕事に心当たりがあるなら、早めに終わらせておいたほうが得策です。

関連する食べる夢の夢占いのページもご覧ください。

●お金を盗まれる夢

恋人やパートナーが存在するなら、関係に亀裂が入るような問題が降りかかるかもしれません。

幅広い象徴をカバーするお金ですが、この場合は愛情を表す可能性が高いとされています。
単刀直入に言ってしまえば浮気を示唆する夢なのですが、小銭程度あれば、まだまだ問題を収拾することも容易ではないかと思われます。もちろん、財布が空になるほど盗まれてしまう夢なら要注意です。

ちなみにあなたが女性で強盗にお金に奪われる夢の場合は、魅力的な男性の登場を待ちわびる心を投影しています。

●お金が足りなくなる夢

物事には限りがある、と痛感するアクシデントに見舞われるかもしれません。

お金が表す事象はとても広範囲で抽象的ですが、現実の世界の金銭と同じく、無駄遣いによる浪費はあなたを窮地に追い込む限りある存在です。

買い物の際に、お金が足りない、または無いと気付く夢なら、体調の低下に注意しておきましょう。何故なら買い物をする夢は、お金が象徴するエネルギーを消耗することで、有益な経験や情報を得ることを意味するからです。また仕事ばかりで恋人やパートナーと過ごす時間が減っている、と感じているなら、休息がてら二人の時間をもっと大切にすることも心掛けておくといいでしょう。

また足りない分を誰かに借りる夢なら、ひとまずはピンチを脱することが出来そうですが、お察しの通りその力はいずれ相手にお返ししなければならないことをお忘れなく!

お金の夢と言えば、セットで登場するであろう「財布」も夢を読み解く重要なポイントです。

実はお金より遥かに経済力を象徴するのが財布であり、収納の多い、見た目が清潔で綺麗、などポジティブな印象であれば金運上昇が期待できます。また長財布、折財布であれば、収納の多い長財布のほうがやや期待値が高く、色も明るめであれば尚結構です。

ただし、肝心の中身は空っぽのほうがいいとされ、お金はもちろんレシートやカードが沢山詰まった財布は、あまり良くないと言われています。また空っぽの財布でも清潔感があることが条件であり、ボロボロの財布の場合は切羽詰った経済状況を表します。

スポンサードリンク